セントウソウ(仙洞草)

学名:Chamaele decumbens
科名:セリ科 属名:セントウソウ属
別名:オウレンダマシ
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:白
環境省指定:
【分布】
北海道から九州まで分布する。日本固有種である。
【特徴】
高さは10~35cm。葉はほとんど根生し、紫色を帯びた長い柄のある1~3回3出複葉。小葉は卵形で、鈍鋸歯があり、変化が多い。茎、葉は無毛。葉の間から伸びた細い花茎の先に複散形花序をだし、3~5個の小散形花序に5~10個の直径2~3mmの白色の花をつける。花柄のうち1個は短い。総苞、小総苞や萼はない。花弁は5個でやや内側に曲がる。雄しべは5個、柱頭は2裂。果実は長さ3~5mmの楕円形で、2個の分果がくっついたもの。分果の隆起線は低く、花柱が残る。

セントウソウ (仙洞草、学名:Chamaele decumbens)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。