ホウチャクソウ(宝鐸草)

学名:Disporum sessile
科名:ユリ科 属名:チゴユリ属
別名:
花期:5月~6月
タイプ:擬似一年草
花色:白、緑
環境省指定:
【分布】
アジア大陸の東端(極東ロシア〜東南アジア)全域に見られ、日本全国に分布する。雑木林などの樹間のひらけた場所に群生する。
【特徴】
草丈は30〜60cmになり葉は互生、茎は上部で分かれる。先端に長さ2cmほどの花が1〜3ケ垂れ下がって咲く。花被片は6枚(3枚の花びらと3枚のガク)で合着しないが、チゴユリ(D. smilacinum)のようには開かないので筒状に見える。花被片が合着しない点で、よく似たアマドコロ属(Polygonatum)と見分けることができる。 花の先端ほど緑色が濃い。花期は5月から6月中旬で、花の後には直径1cmほどの実がなり黒紫色の液果となる。地下茎を延ばして先端に翌年の株ができる擬似一年草。

ホウチャクソウ(宝鐸草、学名:Disporum sessile)

撮影場所:金剛山

You may also like...

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。