ジャケツイバラ(蛇結茨)

学名:Caesalpinia decapetala var. japonica
科名:マメ科ジャケツイバラ亜科 属名:ジャケツイバラ属
別名:
花期:5月~6月
タイプ:つる性の落葉低木
花色:黄
環境省指定:
【分布】
ユーラシア大陸東部の暖温帯に分布し、日本では宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島に分布する。沿岸部から高原の崩壊した跡、伐採跡、川岸、林縁などの日当たりの良い場所に自生する。
【特徴】
高さ1-2mになるつる植物で、茎と葉軸の裏面に鋭く丈夫な逆刺をもつ。若い茎には柔らかい毛を生じるが、後に無毛となり、棘は次第に強く発達する。葉は二回偶数羽状複葉で、全体の長さが20-40cmにもなる。3-9対の羽片にはそれぞれに5-10対の小葉を並べる。小葉は長さ1-2cmの楕円形で、鮮やかな緑。表面には細かな毛があり、裏面は白っぽくなる。長さ約30cmにもなる花序が葉の上に屹立するために遠くからでもよく目立つ。萼は黄緑色で5片からなる。花そのものは径25-30 mm、鮮やかな黄色、。5枚の花弁は大きく開くがわずかに左右対称、上1枚は小さく赤い筋が入る。雄しべは赤く、花糸の中央より下に白い毛が密生する。通常、雌しべは10本の雄しべに包囲され、外からは見えにくい。

ジャケツイバラ(蛇結茨)

撮影場所:金剛山

ジャケツイバラ(蛇結茨)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。