シモツケ(下野)

学名:Spiraea japonica
科名:バラ科 属名:シモツケ属
別名:キシモツケ(木下野)
花期:5月~7月
タイプ:落葉低木
花色:淡紅
環境省指定:
【分布】
北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生する。
【特徴】
シモツケという名前は下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)ではじめて見つけられたところに由来します。地際からたくさんの枝を出して広がり(この状態を「株立ち」といいます)、樹高は1mほどに収まります。葉は長楕円形で長さ5cm~10cm、秋に紅葉します。主な開花期は晩春~初夏、淡い紅色の小さな花をたくさん咲かせます。樹高が低いので高木のまわりに植えたり、並べて植えて垣根として利用します。庭の他、公園などでもよく見られます。

シモツケ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。