タネツケバナ(種漬花)

学名:Cardamine scutata
科名:アブラナ科 属名:タネツケバナ属
別名:
花期:4月~6月
タイプ:越年草
花色:白
環境省指定:
【分布】
北海道~九州の水田のあぜ、水辺の湿地に生える。
【特徴】
10月頃に発芽し、ロゼットで越冬し、春に花を咲かせる。根出葉は数が少なく開花期には枯れ始め、果期には枯れる。茎、葉、葉柄に細かい毛が散生。葉は互生し、頭大羽状に深裂し、頂小片がもっとも大きい。総状花序を出し、白色で小形の十字状花を10~20個開く。花弁は4枚の十字花で、おしべ6本の内、2本は短い。

タネツケバナ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。