シハイスミレ(紫背菫)

学名:Viola violacea Makino
科名:スミレ科 属名:スミレ属
別名:
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:赤紫、青紫
環境省指定:
【分布】
本州中部(長野県)以西、九州に分布
【特徴】
立ち上がる茎のない、小柄なスミレ類で、スミレに似ているが、やや小柄で赤みが強い。全体に毛がない。地下茎はごく短く、また太くならない。あまり株立ちにはならない。匍匐茎も出さない。葉は少数を根生する。背丈はせいぜい10cm、より低いこともある。葉は長い柄があり、葉身は2-4cm、葉柄はそれと同じくらいか長い程度。葉身は細長く、三角状狭卵形、基部は深い心形。縁にはごく浅い鋸歯が出る。葉は柔らかく、表面は深緑色で時に白い斑が入る。裏面は緑の色が薄く、それに紫の色が乗るのが普通である。紫の色には個体差があり、薄く紫のものからかなり濃いものまであり、色の濃いものでは葉柄なども紫がかる。花茎は細く立ち上がる。同じ地域のスミレの中でも早いほう。花は赤みの強い紫だが、ほとんど白く見えるほど薄い場合もある。花弁は長さ8-11mm、側弁は無毛、距は5-6mm、細くて上を向いている。名称は紫背菫で、葉裏が紫であることを指したものとのこと。

シハイスミレ(紫背菫)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。