オニシバリ(鬼縛り)

学名:Daphne pseudomezereum
科名:ジンチョウゲ科 属名:ジンチョウゲ属
別名:ナツボウズ(夏坊主)
花期:2月~4月
タイプ:常緑小低木
花色:汚灰茶色
環境省指定:
【分布】
日本では、福島県以西の本州、四国、九州に分布し、落葉樹林内に生育する。
【特徴】
高さは1-1.5mになる。枝はよく分枝し、汚灰茶色で全体が無毛。葉は互生し、半革質でやわらかく、形は長楕円形で長さ5-13cm、幅1-3cm、両端は長鋭形になる。葉の縁は全縁で、7-9対ある側脈が不規則に分枝し波曲する。葉柄はほとんどない。7-8月頃に落葉し、8-9月に枝端から新しい葉と翌春の花の蕾が生える。雌雄異株。葉腋に束生状に2-10個つける。花弁にみえるのは萼裂片で、萼筒は長さ5-9mmになり、先が4裂し、長さ2.5-5.5mmの裂片は開出する。果期は5-7月、径8mmほどの楕円形の果実をつける。果実は液果で赤く熟し、辛く有毒。

オニシバリ(鬼縛り、学名:Daphne pseudomezereum)

撮影場所:藤原岳

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。