フキノトウ(蕗の薹)

学名:Petasites japonicus
科名:キク科 属名:フキ属
別名:
花期:2月~5月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
日本原産で、北海道、本州、四国、九州及び沖縄県に分布し、北は樺太から朝鮮半島や中国大陸でも見られる。山では沢や斜面、河川の中洲や川岸、林の際などで多く見られる。
【特徴】
フキノトウはフキの花のことで、植物としてはフキ(蕗) が正解。早春、葉の伸出より先に花茎が伸び出す。これを蕗の薹(フキノトウ)と呼んでいる。雌雄異花であり、雌花は受粉後、花茎を伸ばし、タンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばす。開花時の草丈は5〜10cmだが、結実時の草丈は80cmになるものもある。

フキノトウ(蕗の薹)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。