ハガクレツリフネ(葉隠釣舟)

学名:Impatiens hypophylla
科名:ツリフネソウ科 属名:ツリフネソウ属
別名:
花期:7月~10月
タイプ:一年草
花色:薄紫
環境省指定:
【分布】
日本固有種。 本州の紀伊半島と四国、それに九州の中南部に分布
【特徴】
花は葉の脇からぶら下がってつく。 花の色は淡い紅紫色で、濃い斑点がある。距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は内側に曲がるが巻き込まない。中央構造線の南側に分布する「ソハヤキ要素」の植物の1つである。和名の由来は、葉の下に隠れるように咲く「釣舟草」ということからきている。

撮影場所:大峰山系

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ちごゆり嘉子 より:

    こんばんは。 今日はむりしすぎました・・
    もうやすみます。 

    • wpmaster より:

      初めまして…コメントありがとうございます♪
      私は山登りしながら山野草を撮っています。
      ちごゆりさんのページも訪問させていただきました。
      これからしばらく花の季節が続きますね。
      今年も多くの花に出会えたらいいですね(^0_0^)

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。