ツユクサ(露草)

学名:Commelina communis
科名:ツユクサ科 属名:ツユクサ属
別名:蛍草(ほたるぐさ)、帽子花(ぼうしばな)、青花(あおばな)
花期:6月~9月
タイプ:一年生植物
花色:青
環境省指定:
【分布】
日本全土、アジア全域、アメリカ東北部など世界中に広く分布する。
【特徴】
朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這う。6-9月にかけて1.5 – 2cmほどの青い花をつける。花弁は3枚あり、上部の2枚は特徴的で青く大きいが、下部の1枚は白くて小さく目立たない。雌しべが1本、雄しべが6本で成り立っている。アサガオなどと同様、早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまう。

ツユクサ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。