タツナミソウ(立浪草)

学名:Scutellaria indica
科名:シソ科 属名:タツナミソウ属
別名:
花期:5月~6月
タイプ:多年草
花色:青紫、淡紅紫、白
環境省指定:
【分布】
本州~九州の野や丘の林の縁や芝草地などに生える。
【特徴】
茎は短くはった地下形から立ち上がり、20~40cmとなる。茎は赤みを帯び、白色の粗い開出毛が多い。葉を数枚が対生し、長さ、幅とも1~2.5cmの広卵形で、先は丸みを帯び、基部は心形。縁には鈍い鋸歯がある。両面とも軟毛が多く、裏面には腺点がある。茎の先に長さ3~8cmの花穂をだし、1方向にかたよって花をつける。花の色は青紫色または淡紅紫色で、まれに白色のものもある。花冠は長さ約2cmの唇形で、筒部が長く、基部で急に曲がって直立する。上唇はかぶと状にふくらむ。下唇は3裂し、内側に紫色の斑点がある。萼は唇形で、上唇の背に丸い膨らみがある。花が終わると萼はやや長くなって口を閉じる。中の果実が成熟すると上唇がが脱落し、4個の分果が落ちやすくなる。果実は分果で円形、多くは扁平で低い突起がある。よく似たオカタツナミソウやホクリクタツナミソウは花穂が短く、花がまとまったようにつく。

タツナミソウ(立浪草、学名:Scutellaria indica)

撮影場所:伊吹山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。