サワフタギ(沢蓋木)

学名:Symplocos sawafutagi
科名:ハイノキ科 属名:ハイノキ属
別名:ルリミノウシコロシ、ニシゴリ
花期:5月~6月
タイプ:落葉低木
花色:白
環境省指定:
【分布】
日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の沢や湿地などの湿り気のある場所に生育する。アジアでは朝鮮、中国に分布する。
【特徴】
樹高は2-4mになり、枝は灰褐色でよく分枝し、樹皮が縦に裂ける。葉は単葉で互生し、形は倒卵形から楕円形、長さ4-7cm、幅2-3.5cm、先端は急に短くとがり、基部はくさび状に細くなり、葉柄は長さ3-8mmになる。葉の表面にはまばらに圧毛があってザラザラし、裏面の葉脈に毛が生え、縁には先が内曲した細鋸歯がある。若枝の先端に円錐花序をつける。花は径7-8mmの白色で、花冠は5深裂する。雄蕊は多数あり、花冠より長い。果実はゆがんだ卵形で長さ6-7mmになり、熟すと藍色がかった瑠璃色になる。

サワフタギ(沢蓋木、学名:Symplocos sawafutagi)

撮影場所:比良山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。