サラサドウダン(更紗灯台)

学名:Enkianthus campanulatus
科名:ツツジ科 属名:ドウダンツツジ属
別名:フウリンツツジ
花期:5月~6月
タイプ:落葉低木
花色:先端が淡紅色になり下部は黄白色
環境省指定:
【分布】
日本固有種。北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育する。
【特徴】
樹高は2-5mになる。若い枝は無毛。葉は長さ3-10mmの葉柄をもって枝先に集まって互生する。葉身は倒卵形で、長さ2-5cm、幅1-2cmになり、先端はやや尖るか鈍く、下部は葉柄に流れる。葉の表面には短い毛が散生し、裏面の側脈の基部には褐色の縮れた毛が密生する。縁には先端が長い毛状になる微小鋸歯がある。枝先に長さ2-3cmの総状花序をつけ、10個ほどの花が1-2cmの花柄の先端に下垂してつく。萼は鐘形で深く5裂する。花冠は長さ8-10mmあり、鐘形で先端は浅く5裂する。花冠の色は、先端が淡紅色になり下部は黄白色で紅色の縦条が入る。雄蕊は10本ある。果実は蒴果で上向きにつく。

サラサドウダン

撮影場所:比良山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。