コナスビ(小茄子)

学名:Lysimachia japonica
科名:サクラソウ科 属名:オカトラノオ属
別名:
花期:5月~6月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
日本各地の平地から山地の道端や畑に生える。
【特徴】
茎には軟毛が生え、地面を這う。葉は対生ときに互生し、長さ5~10mmの葉柄がある。葉身は広卵形で先は短くとがり、基部は円形で、長さ10~25mm、幅7~20mm、葉腋から短い柄を伸ばし、葉陰に隠れるように黄色の花をつける。花冠は黄色で5裂し、直径6~7mm。果実は球形のさく果で、直径4~5mm。熟すと5つに割れて、多数の種子を出す。種子は稜のある楕円形で黒色、長さ約1mm、こぶ状の突起が密にある。花期は5~6月だが、秋まで咲くものもある。

コナスビ(小茄子)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。