オオヤマレンゲ(大山蓮華)

学名:Magnolia sieboldii ssp. japonica
科名:モクレン科 属名:モクレン属
別名:ミヤマレンゲ(深山蓮華)
花期:5月~7月
タイプ:落葉広葉樹の低木
花色:白
環境省指定:
【分布】
関東北部以西(谷川岳周辺がその北東限)の本州・四国、九州・屋久島と国外の中国中南部とに分布する。長野県上松町の町の花と奈良県天川村の村の花である。
【特徴】
樹高は、1-3 m程度。葉は互生し、直径5-10 cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。雄しべは、わずかに紅色を帯びた白色。花の寿命は4-5日程度。種子があるが、倒伏した枝から発根し栄養繁殖も行う。
古くは1695年の伊藤伊兵衛による園芸書『花壇地錦抄』に記載され、延宝年間に江戸に栽培用として持ち込まれた。和名は奈良県南部の大峰山に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることに由来する。学名の小名の「sieboldii」は、ドイツ人のシーボルトに由来する。標高1,000-2,000 mの山地の林内などに自生している。奈良県の八経ヶ岳と明星ヶ岳周辺に自生地があり、 1928年(昭和3年)2月7日に国の天然記念物に指定された。

オオヤマレンゲ(大山蓮華、学名:Magnolia sieboldii ssp. japonica)

撮影場所:大峰山系

オオヤマレンゲ01

撮影場所:大峰山系

オオヤマレンゲ02

撮影場所:大峰山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。