オオナルコユリ(大鳴子百合)

学名:Polygonatum macranthum
科名:ユリ科 属名:ナルコユリ属
別名:
花期:5月~7月
タイプ:多年草
花色:白
環境省指定:
【分布】
北海道から九州の山地
【特徴】
比較的明るい落葉林下の林道沿いや谷部などの適潤な立地に生育する。同属のナルコユリやミヤマナルコユリに比べて大形で、茎は高さ1m前後、葉は長さ30cmに達する。5月から7月に、葉腋から出た細い花柄の先に、6枚の花被片が合着した筒状の花を2から4個つける。この下向きに垂れ下がる花の様子を鳴子に見立てたことが和名の由来とされる。本種やナルコユリの根茎を乾燥したものが和産の黄精である。雄蕊は6個で、正面から花を見ると中央部で葯が接している。

オオナルコユリ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。