ヤマブキソウ(山吹草)

学名:Hylomecon japonica
科名:ケシ科 属名:ヤマブキソウ属
別名:
花期:4月~6月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
日本では、本州、四国、九州に分布し、山野の樹林地に群生する。世界では、中国に分布する。
【特徴】
多年草で根茎がある。根出葉は奇数羽状複葉で長い葉柄がある。小葉は5-7個で、長さ1.5-5cm、幅1.2-3cmの広卵形または楕円形になり、先端はとがり、縁は切れ込みと細かい鋸歯がある。茎は高さ30-40cmになり、茎の上部に少数の茎葉がつき、小葉の数は1-5個、ふつう3個つく。上部の葉腋に長さ4-6cmの花柄をもつ黄色い花を1-2個つける。緑色の萼片は長さ15-17mmで2個あり、開花直前に落ちる。花弁は4枚で長さ2-2.5cm。雄蕊は多数。花柱は短く、柱頭は2裂する。果実は蒴果で、径3mm、長さ3-5cmの線形になり、やや多数の種子が入る。和名は花の色がヤマブキに似ることによる。※写真②は、セリバヤマブキソウ(芹葉山吹草、学名:Hylomecon japonica f. dissecta)

ヤマブキソウ(山吹草、学名:Hylomecon japonica)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。