ツルカノコソウ(蔓鹿子草)

学名:Valeriana flaccidissima
科名:オミナエシ科 属名:カノコソウ属
別名:
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:白、ピンク
環境省指定:
【分布】
本州~九州の山地の小陰の湿ったところに生える。
【特徴】
茎は高さ20~40cm。葉は対生。羽状に全裂する。越冬中の葉や「ランナー」につく葉は、小さく卵形。葉はカノコソウより裂片の幅が広く、波状の鋸歯がある。花は散房花序につき、白色の直径2~3mm程度のごく小さい漏斗型。雄しべは3個。花のあと、細い走出枝をのばし、先端に新苗をつくる。果実はそう果。長さ2~2.5mm、萼が変化した羽状の白色冠毛がある。

ツルカノコソウ(蔓鹿子草、学名:Valeriana flaccidissima)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。