クマガイソウ(熊谷草)

学名:Cypripedium japonicum
科名:ラン科 属名:アツモリソウ属
別名:ホロカケソウ(母衣掛け草)
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:白に紫褐の斑点
環境省指定:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
【分布】
北海道南部から九州にかけて分布する。
【特徴】
低山の森林内、特に竹林、杉林などに生育し、大きな集団を作る。草丈は40cmくらいまで、葉は対生するように二枚つき、それぞれ扇型の特徴的な形をしている。花はその間からのびた茎の先につき、横を向く。花弁は細い楕円形で緑色を帯び、唇弁は大きく膨らんだ袋状で、白く、紫褐色の模様がある。唇弁の口は左右から膨らんで狭まっている。栽培のための乱獲によって自生を見ることは今やまれである。クマガイソウは無菌播種による増殖技術が確立されておらず、アツモリソウのように実生増殖した苗を大量供給することはできない。

クマガイソウ(熊谷草、学名:Cypripedium japonicum Thunb.)

撮影場所:御杖村

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。