イカリソウ(碇草、錨草)

学名:Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
科名:メギ科 属名:イカリソウ属
別名:三枝九葉草(サンシクヨウソウ)
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:赤紫、白、黄
環境省指定:
【分布】
北海道・渡島半島から本州・太平洋側にかけて
【特徴】
花の色は、紫色、白、黄色、ピンクなどがある。 花弁は4枚で、距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)を伸ばす。 萼片は8枚である。 外側の4枚は早くに落ち、内側の4枚が大きくなる。葉は2回3出複葉である。 3つに枝分かれした先にそれぞれ三つ葉をつけて1枚の葉となる。 小葉の形は心形である。袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する) 花の形が船の錨に似ていることからつけられた名前である。

イカリソウ(碇草、錨草 Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)

撮影場所:比良山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。