腐生という名の共存

植物の中には一風変わった植生を持つ種があります。

  1. 寄生植物は光合成で自から栄養素を作れないため、植物の幹や根から栄養素や水分を奪う植物です。(ヤマウツボなど)
  2. 食虫植物は葉や茎の捕虫器官で、虫を捕らえ消化して不足する窒素やリン酸を補給する植物です。(モウセンゴケ、ミミカキグサ、イシモチソウなど)
  3. 腐生植物は葉緑素を欠き光合成を行わず、根に菌類(根菌)を絡ませて栄養物や水分を得ている植物です。(ギンリョウソウ、ツチアケビ、オニノヤガラ、ショウキランなど)

今回見たツチアケビは、腐生植物に分類され比較的目にする機会が多いと思います。今回は株数も多く咲き始めで綺麗な花姿を見ることができました。初秋にはバナナのような真っ赤な実を付けることでしょう。写真は金剛山の伏見道登山道にあった小群生です。(2016.7.9)

160709ツチアケビ

160709ツチアケビ

160709ツチアケビ

160709ツチアケビ

160709ツチアケビ

160709ツチアケビ

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。