ミノコバイモ(美濃小貝母)

学名:Fritillaria japonica Miq.
科名:ユリ科 属名:バイモ属
別名:コバイモ
花期:3月~4月
タイプ:多年草
花色:紫褐色の斑点
環境省指定:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
【分布】
本州の東海地方、近畿地方および中四国の山地の林下を中心に分布
【特徴】
茎の高さ10-20cmの多年草。茎の先に5枚の葉をつけ、下の2枚は対生して長さ4-6cmの披針形で上の3枚の葉は輪生して小さい。
茎頂に斜め下向きに釣鐘形の花をつけ、花弁は6枚に別れる。
花弁の外側の突起が目立つ。紫褐色の網目状の斑紋が目立つ。葯は白色で紫褐色のアワコバイモと相違する。

ミノコバイモ

撮影場所:藤原岳

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。