カマツカ(鎌柄)

学名:Pourthiaea villosa var. laevis
科名:バラ科 属名:カマツカ属
別名:
花期:4月~6月
タイプ:落葉小高木
花色:白
環境省指定:
【分布】
北海道~九州の山地の日当たりのよい林縁に生える。
【特徴】
高さ5~7mになる。樹皮は暗灰色。しわがあって、斑紋状になる。若い枝は軟毛があるが、のちに無毛。葉は長枝では互生、短枝では輪生状につく。葉身は長さ4~7cmの広倒卵形~狭倒卵形。洋紙質で、縁には細かくて鋭い鋸歯がある。両面ともほとんど無毛だが、ときに裏面の主脈に白い軟毛がある。短枝の先の複散房花序に直径約1cmの白色の花を10~20個つける。花弁はほぼ円形で、内側の基部にまばらに白い軟毛がある。雄しべは20個。花柱は3個。基部は合着して白い軟毛が密生する。花序の軸は花のあと無毛になる。萼の外面は無毛または白色の軟毛が散生する。果実はナシ状果。長さ8~10mmの倒卵形または楕円形で、10~11月に赤く熟す。

行者還岳(2015.05.30)

行者還岳(2015.05.30)

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。