イチヨウラン(一葉蘭)

学名:Dactylostalix ringens
科名:ラン科 属名:イチヨウラン属
別名:ヒトハラン、ヒメヒトハラン
花期:5月~7月
タイプ:多年草
花色:淡緑色で紫色の斑点
環境省指定:
【分布】
日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し[5]、亜高山帯や冷涼で明るい林内に生育する[7]。国外では、サハリン、千島列島に分布する
【特徴】
地下の根茎は細く、短く横に這い、根茎から1葉を出す。葉は、長さ1-2cmの葉柄があり、葉身は卵円形で、長さ3-6cm、幅3-4cmになり、先端はやや鈍頭、基部は鈍形となる。葉は多肉質で硬く、表面は青味を帯びた緑色で、光沢はなく、花茎は直立して高さ10-20cmになり、花茎には鞘状の鱗片葉が1-2個つき、花茎の先に1個の花をつける。苞は4角状楕円形で長さ2-3mmになる。萼片と側花弁は長さ2-2.5cmになる倒披針形または線状披針形で、先端はやや鈍頭になり、色は淡緑色で紫色の斑点がある。唇弁は広楕円形で下垂し、白色で紫色の斑点があり、ほぼ中央で側裂片と中裂片に3裂する。2個の側裂片は蕊柱を囲って立ち、長さ2-3mmになる広卵形で、先は紫色になる。中裂片は長さ幅ともに約7mmになり、基部に2条の隆起線があり、縁はやや波状になる。蕊柱は長さ10mmで、扁平なくさび状狭長楕円形となる。

稲村ヶ岳(2016.04.30)

稲村ヶ岳(2016.04.30)

稲村ヶ岳(2016.04.30)

稲村ヶ岳(2016.04.30)

イチヨウラン

稲村ヶ岳(2016.04.30)

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。