スミレサイシン(菫細辛)

学名:Viola vaginata
科名:スミレ科 属名:スミレ属
別名:
花期:4月~5月
タイプ:多年草
花色:紫色からほとんど白色に近い紫色
環境省指定:
【分布】
北海道西部~山口県までの日本海側のあまり高くない山地が主体で、半日陰の落葉樹林下などを好む。
【特徴】
草丈は5~15cm。葉は先がつまんだようにとがった心形で長さ5~8cm。両面とも緑色で、やや厚く、ほとんど無毛。花期には基部がよく展開していないことが多い。花のあとの葉は大型になる。花は直径2~2.5cmで淡紫色。側弁は無毛。雌しべの柱頭はくちばし状に長くなる。托葉が葉柄から離生するのが、この仲間の特徴のひとつ。スミレサイシンより葉が細長くなるなるものをサンインスミレサイシン(Viola vaginata var satomii)という。

スミレサイシン(菫細辛、学名:Viola vaginata)

伊吹山(2016.05.29)

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。