サワハコベ(沢繁縷)

学名:Stellaria diversiflora
科名:ナデシコ科 属名:ハコベ属
別名:ツルハコベ
花期:5月~7月
タイプ:多年草
花色:白
環境省指定:
【分布】
本州、四国、九州に分布し、山地の林下の湿地に生育する。
【特徴】
茎の上部が斜上して分枝し、長さは5-30cmになる。茎の下部は地を這って、節からひげ根を出す。葉に葉柄があり、葉身は長さ1-4cm、幅0.8-2.5cmになり、卵形から三角状卵形で、先端は鋭形、表面に伏毛があり、裏面は毛が無い。茎も無毛。葉腋から長い無毛の花柄を伸ばし、先端に花を単生する。萼片は5個で、長さ4-7mmの長楕円状披針形になり、先端は鋭形。花弁も5個で2中裂し、白色で萼片と同じ長さ。雄蕊は2-10個、花柱は3個。果実は球状の蒴果で6裂する。種子は長さ2mmで楕円形になる。

サワハコベ(沢繁縷)

蛇谷ヶ峰(2016.04.24)

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。