カンアオイ(寒葵)

学名:Asarum nipponicum
科名:ウマノスズクサ科 属名:カンアオイ属
別名:カントウカンアオイ
花期:10月~11月
タイプ:多年草
花色:褐色
環境省指定:
【分布】
日本固有種で、本州の関東地方から近畿地方、四国に分布する。山地や森林の林床に生育する。
【特徴】
茎は短く、地面を匍匐する。葉は互生、卵形~卵状楕円形で、先端は尖り、基部は心脚、長さ6-10cm、幅4-7cm、濃緑色で白い斑紋がある。花のように見えるのは花弁ではなく3枚の萼片である。萼片は基部で癒着し萼筒を形成する。萼筒は先がくびれず、直径2cm、長さ1cm程度で、暗紫色、内側に格子状の隆起線がある。萼筒の先端の萼裂片は三角形で萼筒よりも短く、濁った黄色。雄蕊は12本、雌蕊は6本。芳香がある。
ギフチョウの幼虫の食草としても知られる。

カンアオイ(寒葵、学名:Asarum nipponicum)

鎌ヶ岳(2016.04.16)

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。