弥山川に咲く妖精

オオミネコザクラ(大峰小桜、学名:Primula reinii var. okamotoi)

コイワザクラの地域種とされるオオミネコザクラは、紀伊半島でも限られた範囲にしか自生していないようです。大峰山系では、大日山(稲村ヶ岳)、釈迦ヶ岳、そして弥山川…その中でも弥山川の聖門滝周辺の群生は最大規模といっても過言ではないと思います。2年前に双門ルートを登った時に見事な群生を目にして感動しました。
どうしてもピンクの妖精に会いたくて、2年ぶりに双門ルートを遡行しました。期待通り、聖門滝周辺の岩壁にはいたる所で可憐な花を咲かせていました。岩場に咲く花なので群生には容易に近づくことができませんが、限られた時間の中で可憐な妖精たちをカメラに収めることができました。

160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ 160514オオミネコザクラ

聖門滝周辺の岩壁には多くの群落がありますが、なかなか近くまでたどり着けません。この場所も時間に余裕がある時に再訪したいと思います。

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。