似て異なる青き小人

春に咲くリンドウの代表がハルリンドウ(春竜胆)とフデリンドウ(筆竜胆)…三重県と滋賀県で出会った青き小人は、この似て異なるリンドウでした。
ハルリンドウの方が少し大きな花ですが、根元の葉の付き方を確認しないと区別できないくらい花姿は良く似ています。皆さんも見かけたらどちらの花か見分けてみて下さいね。

ハルリンドウ(春竜胆)

ハルリンドウは、日当たりの良いやや湿った草地に生え、春咲き種の中では草丈、花ともに一番大きい種です。
根元の葉がロゼット状につくことでフデリンドウと区別することができます。

2016年ハルリンドウ in 鎌ヶ岳

2016年ハルリンドウ in 鎌ヶ岳

2016年ハルリンドウ in 鎌ヶ岳

2016年ハルリンドウ in 鎌ヶ岳

2016年ハルリンドウ in 鎌ヶ岳

フデリンドウ(筆竜胆)

フデリンドウは、山間部の日当たりの良い場所に自生し、ハルリンドウよりやや小型で、根元の葉はロゼットになりません。

フデリンドウ

フデリンドウ

フデリンドウ

フデリンドウ

フデリンドウ

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。