アオダモ(青梻)

学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata
科名:モクセイ科 属名:トネリコ属
別名:コバノトネリコ、アオタゴ
花期:3月~5月
タイプ:落葉広葉樹
花色:白
環境省指定:
【分布】
日本では北海道から九州までの山地に広く分布している。南千島や朝鮮半島にも自生している。
【特徴】
樹高は10-15m、太さは50cm程になるが成長は遅い。成熟した木の樹皮には地衣類が付着し白っぽい斑点模様ができる。葉は奇数羽状複葉で、3-7枚の小葉が対生する。小葉は10-15cmほどで淡緑色、周囲は波状小鋸歯がある。花は春に咲く。円錐花序に白い5-6mmの小花を多数つける。秋には果実が成熟する。長さ2-4cm、幅3-5mmほど、膜状の羽根を持つ翼果で風を利用し遠くまで飛ばす。アオダモのアオの由来は雨上がりに樹皮が緑青色になること、枝を水に浸けて暫くすると水が青い蛍光色になること、高級感を出すために黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用されたこと、青い染料に利用されたことによるといわれる。日本では木製のスポーツ用品の材料、とくに野球で使われる木製バットの原料として知られる。

アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)

撮影場所:比良山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。