ニガクサ(ニガクサ)

学名:Teucrium japonicum
科名:シソ科 属名:ニガクサ属
別名:
花期:7月~9月
タイプ:多年草
花色:淡紅
環境省指定:
【分布】
日本全土の野や山の水辺など、湿ったところに生える。
【特徴】
地下に細長い走出枝を出す。高さ30~70cm。葉は対生し、長さ1~2cmの葉柄があり、長さ5~10cmの卵状長楕円形~広披針形で、先端は鋭くとがり、不ぞろいの鋸歯がある。葉の脈は表面でへこみ、よく目立つ。枝先に長さ3~10cmの花穂をだし、長さ1~1.2cmの淡紅色の花をつける。上唇は小さくて深く2裂する。下唇は3裂し、中央裂片が非常に大きく、舌のように垂れ下がる。雄しべと雌しべは上唇の裂け目から外につきだす。萼に腺毛はなく、まばらな短毛のみで、花の頃しばしば虫こぶをつくる。花のよく似たツルニガクサは萼に腺毛がある。

ニガクサ(苦草、学名:Teucrium japonicum)

撮影場所:金剛山

You may also like...

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。