ナンバンハコベ(南蛮繁縷)

学名:Cucubalus baccifer var. japonicus
科名:ナデシコ科 属名:ナンバンハコベ属
別名:ツルセンノウ
花期:7月~10月
タイプ:多年草
花色:白、黄緑
環境省指定:
【分布】
日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野に生育する。世界では、中国、朝鮮、アムール、ウスリー、樺太、千島などに分布する。
【特徴】
茎はよく分枝し、つる状に横に伸び、長さは1.5m以上になり、細毛が生える。葉は長さ1-4mmの葉柄をもって対生し、広披針形から卵形で、長さ2-5cm、幅1-2.5cmになり、先端は鋭尖、縁と裏面に毛が生える。花は枝先に1個つき、下向きに咲く。萼は緑色で、合生して筒状になり、5中裂し、裂片は長卵形で長さ1-1.2cmあり、先端は鋭形になる。花弁は5個で離れてつき、白色、長さ15mmで、爪部は長く舷部はくさび形となって2裂する。雄蘂は子房より下位につき10個。花柱は3個。果実は液果状の蒴果で、球状で黒色に熟し、径6-8mm。種子は長さ約1.3mmの腎形で、光沢のある黒色になる。

ナンバンハコベ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。