コバギボウシ(小葉擬宝珠)

学名:Hosta sieboldii
科名:リュウゼツラン亜科 属名:ギボウシ属
別名:
花期:7月~9月
タイプ:多年草
花色:淡紫
環境省指定:
【分布】
北海道、本州、四国、九州までの広い地域に分布し、日当たりの良い湿った草原や湿原に自生する。
【特徴】
花茎の高さは30-50cmくらいになる。葉は根生葉、形は長楕円形、披針形で、葉の長さは10-20cm、幅は4-8cmくらいになり、葉柄がつく。花期は7-9月で、漏斗型の濃い紫色から淡紫色の花をやや下向きにつける。花軸につく蕾が下部から上部へと開花していく。オオバギボウシに比べると全体に小さい。

コバギボウシ(小葉擬宝珠、学名:Hosta sieboldii)

撮影場所:伊吹山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。