キンミズヒキ(金水引)

学名:Agrimonia pilosa var. japonica
科名:バラ科 属名:キンミズヒキ属
別名:
花期:7月~10月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
北海道~九州の山野に生える。
【特徴】
高さ30~80cm。茎や葉に長毛が多い。葉は大小不揃いの5~9枚の小葉からなる奇数羽状複葉。裏面には腺点がある、葉のつけ根には托葉がある。花は径6~11mmの黄色の5弁花で細かい花穂に多数つく。花弁は幅が広い。雄しべの数が10~13本。2個の雌しべは普通1個のみが成熟する。萼筒がよく発達し、萼片は5個。萼筒のふちにはカギ状の刺が多数ある。そう果は萼筒と萼片に包まれて熟す。よく似たヒメキンミズヒキの花弁は細く、雄しべの数は5~6本。

キンミズヒキ(金水引)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。