クサイチゴ(草苺)

学名:Rubus hirsutus
科名:バラ科 属名:キイチゴ属
別名:ワセイチゴ(早稲苺)
花期:3月~4月
タイプ:落葉小低木
花色:白
環境省指定:
【分布】
日本では、本州、四国、九州と広く分布し、林地で普通に目にすることができる。それ以外では、アジアの朝鮮半島、中国に分布する。
【特徴】
クサイチゴは背丈が20-60cmと低く、草本のように見えるため、このように呼ばれるが、実際は木本である。生命力は強く、刈っても、根から生えてくる。全体に短い軟毛が密生し、茎には小さい刺がある。
葉は奇数羽状複葉で、花枝には3小葉、徒長枝には5小葉がつく。頂小葉は卵形または長楕円状卵形、側小葉は卵形、先はとがり、縁には細かい重鋸歯がある。花期は3-4月。花は白色で、5弁花。花弁は卵円形で、長さは15-20mm。花の中央に雌蕊が多数あり、その周囲にやはり多数の雄蘂を持つ。果実は大型で赤熟し、食用となり、酸味は少なく、とても甘い味がする。

クサイチゴ(草苺、学名: Rubus hirsutus)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。