ギンバイソウ(銀梅草)

学名:Deinanthe bifida
科名:アジサイ科 属名:ギンバイソウ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草
花色:白
環境省指定:
【分布】
関東以西の本州、四国、九州の山地の樹陰に生える。
【特徴】
白い5弁の花をウメに見立てて、この名がついた。高さは40cmから70cmになる。茎は直立し毛がある。また、枝は出さない。葉は対生し、長さは10cmから20cmで、幅が6cmから12cmの倒卵形になり、先端は2つに裂けている。7月から8月に茎の先へ集散花序を出し、10個から20個の白い花をつける。花は装飾花と両性花がある。装飾花は、がく片が2枚か3枚からなる。両性花は、がく片と花弁がそれぞれ5枚で、おしべがたくさんあり、めしべは1個からなる。

ギンバイソウ

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。