キンコウカ(金光花、金黄花)

学名:Narthecium asiaticum
科名:ユリ科 属名:キンコウカ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
北海道、本州の中部以北に分布し、亜高山から高山にかけての湿原、湿地などに自生する。
【特徴】
茎の上部に長さ3~5センチの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径1~2センチの黄金色をした花を10~20輪くらいつける。 花被片は6枚で、細い線状の披針形である。 雄しべは6本で、花糸には縮れた毛が生える。 真ん中にある雌しべの花柱は柱状をしている。 花は咲き進むと緑色になる。根際から生える葉は剣状の線形で、長さが20~30センチ、幅が1センチくらいである。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。

キンコウカ(金光花、金黄花、学名:Narthecium asiaticum )

撮影場所:金勝アルプス

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。