キヨスミギボウシ(清澄擬宝珠)

学名:Hosta kiyosumiensis.
科名:ユリ科 属名:ギボウシ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草
花色:淡紫
環境省指定:
【分布】
房総半島の清澄山で最初に見つかったことで名前が付くが、北海道から関西まで広く分布。
【特徴】
草丈30~60cmの多年草。葉は根生しロゼット状に広がり、卵形で葉柄を入れて長さ15~40cm。先は尖り、基部は心形で、葉柄と葉身の区別がはっきりし、葉縁は微鋸歯状。花は花茎の先の苞の腋から1個ずつついて総状花序となり、淡紫色で花筒は漏斗状、長さ4~5cm。広筒部は急に広がり狭筒部より短い。苞はボート状、緑白色で長さ約1.5cm、開花時も開出せず、上部のものも下部のものも同じ大きさ。

キヨスミギボウシ

撮影場所:金剛山

You may also like...

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。