オタカラコウ(雄宝香)

学名:Ligularia fischerii
科名:キク科 属名:メタカラコウ属
別名:
花期:7月~10月
タイプ:多年草
花色:黄
環境省指定:
【分布】
本州(福島県以西)、四国、九州に分布し、山地や深山の沢沿い、湿った草地、湿原に自生する。
【特徴】
花茎の高さは1mから2m程度になる。根出葉はフキに似て長い葉柄があり、心円形で径40cmから60cmになり、葉の縁は鋸歯状になる。茎につく葉の葉柄は茎を抱く。花期は7月から10月で、茎の上部に黄色い頭花を総状につける。総状花序の下から上へ開花していく。全体がメタカラコウに似るが、メタカラコウの頭花の舌状花が3個程度であるのに対し、オタカラコウは8個程度で、また全体的に大ぶり。メタカラコウの根出葉の基部はほこ形になるが、オタカラコウは尖らない。

オタカラコウ(雄宝香、学名:Ligularia fischerii )

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。