オオナンバンギセル(大南蛮煙管)

学名:Aeginetia sinensis
科名:ハマウツボ科 属名:ナンバンギセル属
別名:ヤマナンバンギセル
花期:7月~9月
タイプ:一年草の寄生植物
花色:ピンク
環境省指定:
【分布】
日本では、本州、四国、九州に分布し、深山の草地に生育する。アジアでは、中国の中部に分布する。
【特徴】
ススキやノガリヤスなどのイネ科の単子葉植物の根に寄生する。根は寄主の根に食い込んで栄養分を吸収する。地上にはほとんど出ない茎はごく短く、数個の鱗片葉があり、その上部の鱗片葉の腋から花柄を長く伸ばす。
同属のナンバンギセルに似るが、それより大型で、花柄は径3-4mmとやや太く、長さは20-30cmになる。萼は、ナンバンギセルは先端が尖るが、本種の先端は鈍く、長さは3-5cmになる。花柄の先端に横を向いた大きな紅紫色の花を1個つける。花冠は長さ4-6cmの太い筒型で、先端が5裂し唇形となり、花冠裂片の縁には細かい歯牙がある。ナンバンギセルの花冠裂片の縁は全縁となる。蒴果は卵球状になり、多量の細かい種子がある。

オオナンバンギセル(大南蛮煙管、学名:Aeginetia sinensis )

撮影場所:伊吹山

You may also like...

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。