オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)

学名:Lycoris sanguinea var. kiushiana
科名:ヒガンバナ科 属名:ヒガンバナ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草球根植物
花色:オレンジ
環境省指定:
【分布】
本州の関東以南と九州に分布
【特徴】
分類上は、キツネノカミソリの変種とされている。 和名の由来は、葉の形を剃刀に見立て、花の色を狐に見立てたものである。 ヒガンバナと同じように、花の咲くころには葉はなく、茎が伸びて花だけが咲く。 茎先に淡いオレンジ色の花をつける。 花被片は6枚である。 基本種よりも花が大きく、花冠の長さは9センチくらいある。 また、雄しべが長く、花の外につき出すのが特徴である。

キツネノカミソリ(狐剃刀)

撮影場所:金剛山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。