イワアカバナ(岩赤花)

学名:Epilobium cephalostigma
科名:アカバナ科 属名:アカバナ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草
花色:赤系白、赤紫
環境省指定:
【分布】
北海道、本州、四国、九州
【特徴】
山地の草原や岩場の湿った場所に生える多年草。名前の由来は、岩場に生えて、秋に葉が赤くなることから。7-8月に小さな白色から淡紅色の4弁花をつける。花弁の先が浅裂する。葉は対生し、葉身は長楕円形、先が尖り、縁に鋸歯がある。よく似るアカバナとの見分け方は、雌しべの柱頭の形状が、アカバナはこん棒状で、イワアカバナは球状。

イワアカバナ(岩赤花、学名:Epilobium cephalostigma)

撮影場所:伊吹山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。