イブキクガイソウ(伊吹九蓋草)

学名:Veronicastrum japonicum var. humile
科名:ゴマノハグサ科 属名:クガイソウ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:多年草
花色:淡紫
環境省指定:
【分布】
滋賀県伊吹山
【特徴】
全体にクガイソウより小さく、高さは50 cmほど。茎は円形で直立し、株立ちになる。葉は4-8枚が輪生し、単葉で長さ5-18 cm、幅2-5 cmになり、形は長楕円状披針形で先端がとがり、基部にはごく短い柄があるか無柄で、縁には多くの鋸歯がある。茎の先端に穂状になる長い総状花序をつけ、淡紫色の多くの花をつける。花序は長さ10-25 cmになり、花序軸には短い毛が散生する。花冠は長さ5-6 mmになり、先端は4浅裂し、裂片の先端はややとがる。雄蕊は2本あり、花冠から長く突き出る。果実は蒴果で長さ2.5 mmの卵形になる。茎に輪生する葉が層になってつくので、九蓋草、九階草の名がある。

伊吹山頂草原植物群落

撮影場所:伊吹山

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。