アクシバ(灰汁柴)

学名:Vaccinium japonicum
科名:ツツジ科 属名:スノキ属
別名:
花期:7月~8月
タイプ:落葉低木
花色:淡紅紫
環境省指定:
【分布】
北海道、本州の東北地方、中部地方北東部および関東地方北部に分布し、山地帯の林縁に生育する
【特徴】
樹高は50-100cmになる。若い枝には鈍い稜があり、緑色で無毛。葉は紙質で、長さ1mmになる葉柄をもって互生する。葉腋から長い花柄を伸ばし、1個の花を下向きにつける。花柄は長さ10-15mmになり、細く無毛、花柄の基部には1-2枚の小包葉があるが、早く落ちる。萼筒は長さ1.5mmの鐘形で、先端は開いて4裂し、裂片は3角形となり、先はとがる。花冠は淡紅紫色で、つぼみ状態で長さ1cmの披針形になり、開花時に花冠裂片が基部近くまで深く4裂し、先が外側にくるくると巻き込む。雄蕊は8本ある。果実は径5mmの球状の液果で、赤色に熟す。果実は食用になる。

アクシバ(灰汁柴、学名:Vaccinium japonicum)

撮影場所:金勝アルプス

アクシバ(灰汁柴、学名:Vaccinium japonicum)

撮影場所:金勝アルプス

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。