ハンノキ(榛の木)

学名:Alnus japonica
科名:カバノキ科 属名:ハンノキ属
別名:ヤチバ
花期:12月~2月
タイプ:落葉高木
花色:黒褐色
環境省指定:
【分布】
日本、朝鮮半島、ウスリー、満州に分布する。日本では全国の山野の低地や湿地、沼に自生する。
【特徴】
樹高は15~20m、直径60cmほど。湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木。花期は冬の12-2月頃で、葉に先だって単性花をつける。雄花穂は黒褐色の円柱形で尾状に垂れ、雌花穂は楕円形で紅紫色を帯び雄花穂の下部につける。花はあまり目立たない。果実は松かさ状で10月頃熟す。葉は有柄で長さ5~13cmの長楕円形。縁に細鋸歯がある。良質の木炭の材料となるために、以前にはさかんに伐採された。材に油分が含まれ生木でもよく燃えるため、北陸地方では火葬の薪に使用された。近年では水田耕作放棄地に繁殖する例が多く見られる。
ハンノキが密集する地域では、花粉による喘息発生の報告がある。

ハンノキ

撮影場所:比良山系

ハンノキ01

撮影場所:比良山系

あわせて読みたい

是非感想などをお書きください(^-^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。